商品先物取引銘柄 - 金

商品先物取引における取扱銘柄の一つである金について説明します。金は古来より貨幣の代わりとして重宝されてきました。金は鉱山から生産されます。金の産出国として挙げられるのは、南アフリカ、アメリカ、オーストラリア、中国などです。

商品先物取引銘柄 金(詳細)

以前は南アフリカの産出量がトップでしたが、最近ではその勢いも衰退しています。日本でもかつては金が大量に産出されていたようですが、現在その面影はありません。

現代では貨幣としての機能を果たしていませんが、中国やインドのように、貴重な財産として扱っている国もあります。

金の需要のほとんどは、宝石、歯科用、電化製品等の加工用製品です。特に宝石の需要に占める割合が80%で圧倒的です。れ以外では、投資や貯蔵を目的とした退蔵用需要があります。

商品先物 金

金を取引する際に注目するのは、世界の政治・経済動向、産出国の動向、各国公的機関による売買動向です。

商品先物取引における金は、資産の安全な避難場所としての役割を担っています。政治や経済状況が安定せず、株価や為替が乱高下するときには、金が変われるというのがセオリーです。

特に、湾岸戦争、イラク戦争など、戦時下においては金の価格が上昇する傾向にあります。

金の代表的な産出国については先ほど挙げましたが、これ以外にも新たな新興国が金の生産を始めています。

金は鉱山があっても永遠に生産できるわけではないので、産出量は年々変化します。産出国の動向が相場に影響を与えると思っていいでしょう。

また金は各国の公的機関によって売買されています。ある国が急に金を買い始めたり、急に売り始めたりすることもあります。各国公的機関の売買動向には気を配る必要があります。

HOME | 銘柄解説:灯油 | 銘柄解説:ゴム | 銘柄解説:金 | 銘柄解説:銀 | 銘柄解説:プラチナ | 銘柄解説:アルミニウム | 銘柄解説:パラジウム | 銘柄解説:大豆 | 銘柄解説:小豆 | 銘柄解説:とうもろこし | 銘柄解説:コーヒー | 銘柄解説:生糸 | 銘柄解説:粗糖
Copyright 商品先物銘柄ガイド All rights reserved.