商品先物取引銘柄 - 灯油

灯油は原油を高温度で蒸留、分類することによって作られる液体で、家庭用暖房器具の燃料の他、航空機の燃料としても使われています。かつては照明器具の燃料としても使われていました。灯油は精製度によって白灯油、茶灯油に分類されています。

商品先物取引銘柄 灯油(詳細)

白灯油は引火点が低く、燃焼性が良いため、ほとんどの家庭用暖房器具に使用されています。茶灯油は白灯油よりも精製度が低く、発電機や洗剤が主な用途です。

日本国内では、北海道、東京、神奈川、千葉などで灯油の需要が多くなっています。

特に冬場の北海道が最大の消費量を誇っており、日本全国の50%を占めています。夏場に生産された灯油は冬場に備えて貯蔵されるようになっていますが、毎年需要量が一定にならないため、在庫の調整は難しいようです。

灯油を取引する際に注目するのは、原油相場の動向、暖房製品の価格動向、季節要因です。

灯油はガソリンと同じく原油から作られるため、原油価格とガソリン価格はそっくりそのまま連動します。原油相場の動向は常にチェックしましょう。

暖房製品は国内だけでも十分な供給がありますが、韓国をはじめとしたアジア各国からの輸入も多くなっています。

輸入暖房製品の価格はシンガポール市場を基準に決定されることになっているので、暖房製品の価格動向からは目が離せません。

季節的に見てみると、灯油は暖房器具の需要が増える秋から冬にかけて価格が上昇します。この季節に価格の下落するガソリンとは全く逆の動きをするといってもいいでしょう。

また、冬場の気温にも注意が必要です。暖房器具というのは気温が低くなるほど需要が増すものです。灯油相場は気温の変化にも影響を受けることになります。

HOME | 銘柄解説:灯油 | 銘柄解説:ゴム | 銘柄解説:金 | 銘柄解説:銀 | 銘柄解説:プラチナ | 銘柄解説:アルミニウム | 銘柄解説:パラジウム | 銘柄解説:大豆 | 銘柄解説:小豆 | 銘柄解説:とうもろこし | 銘柄解説:コーヒー | 銘柄解説:生糸 | 銘柄解説:粗糖
Copyright 商品先物銘柄ガイド All rights reserved.